アートアーキテクツは、建築デザインおよび歴史的建造物の保存・改修を行う設計事務所です。デザイン・建築設計、教育・研究活動、また歴史遺産の保存・改修と、それぞれの活動を通して培った経験を相互にフィードバックしながら、クライアントの要望と敷地の特性に見合った建築を提案し、空間を演出しています。

アレックス・ヴィール 共同代表

建築史と理論に関する博士号

英国登録建築家、王立建築家協会会員

建造物の保存に関する認定建築家

 

歴史的建造物の保存・修復に関する認定をうけた建築家。建築史・建築理論に関する博士号を持ち、歴史遺産に関するコンサルタント、改修等の設計を行う。クライアントの要望に応えながら、歴史的価値を守りつつも、現代的要素を取り込んだ設計を行う。

日本(隈研吾設計事務所)、オランダ(Roeleveld Sikkes Architects)、 英国(BDPCaroe&Partners)の設計事務所に勤務し、様々な個人住宅、公共建築そして数々の歴史的建造物の保修、改築などに携わる。

2015年にアートアーキテクツを共同設立。

イーストロンドン大、ベッドフォードシャー大、キングストン大およびカーディフ大学などで教鞭をとったのち、現在はハートフォードシャー大学で学生を指導している。

2019年からハートフォードシャー地域のデザイン審査委員に選出

 

 

古川敏也 共同代表

英国登録建築家、英国王立建築家協会会員

1998年宇都宮大学工学部卒業、都市環境建築設計所勤務の後、2000年に渡英し、2002年イーストロンドン大学大学院卒業。ロンドンにて  Dixon Jones および Haworth Tompkins に勤務。公共文化施設及び大規模複合建築の設計に携わり、最先端の技術を使ったファサードの設計・監理に従事する。先端技術と伝統的職人技術を融合させた建築設計に取り組む。

事務所勤務の傍ら建築教育に携わり、2010年からイーストロンドン大で教鞭をとる。

2015年にアートアーキテクツを共同設立。

2019年からハートフォードシャー地域のデザイン審査委員に選出。

ダニエル・マッキントッシュ シニアアーキテクト

英国登録建築家

 

 

2005年カーディフ大学卒業。Dixon Jones など幾つかの設計事務所に勤務した後、ZMMA Architectsにてウィリアム・ヒースロビンソン美術館建設プロジェクトの主任建築家を務める。2016年にプロジェクトが完成した後、2017年からアートアーキテクツに参加。